乳酸菌サプリ

風邪やインフルエンザの効能がある乳酸菌入りサプリメント

インフルエンザや風邪は秋から冬、春先にかけて感染することが多い病気です。インフルエンザの場合、風邪と違ってういるすによって感染をしていくので、症状も重く小さな子供や高齢者、慢性的な病がある人が感染してしまうと脳炎や脳症、肺炎、気管支炎などの合併症を引き起こしてしまう可能性があります。そのため、予防をすることが大切となってきます。
風邪などにかからないためには、手洗いや適切なうがい、栄養をしっかりと摂る、むやみに人ごみの中に出ない、睡眠時間をきちんととる、ということを意識します。栄養面に関しては時期に関係なく感染症が流行する前から摂りいれていくことが大切です。
感染症にかからないようにするには、腸内の環境を整えることが必要となってきます。腸内には免疫細胞が数多くあり、腸を整えると免疫力もあがっていきます。また、整腸作用があるだけでなく、アトピー性皮膚炎や花粉症を緩和していくこともできます。腸を整えるには善玉菌を増やすことが必要となるため、乳酸菌のような善玉菌を増やす力のある菌を摂りいれるようにします。
風邪やインフルエンザの効能がある乳酸菌入りサプリメント
乳酸菌には600種類以上あり、それぞれ性質が異なります。酸素があると生きていけない菌や酸素があっても生きていける菌があり、1種類だけでなく様々な乳酸菌を摂取することでさらに腸内が整っていきます。免疫力を高める代表的なものに、ガゼリ菌SP株、リブレ菌、クレモリス菌FC株、ロイテリ菌、ビフィズス菌SP株、シロタ株、などがあります。どの菌も免疫力を高める効能が期待されていますが、すべての人に効能があるわけではなく、自分に合った乳酸菌を見つけることが大切となってきます。体質の差なども関係してくるので、いくつか試してみると良いでしょう。
キムチや納豆のように食べ物から摂取した場合、1種類もしくは2、3種類のことが多いですが、サプリメントを利用すると数種類を一粒でまかなえることができるものもあります。自分には何が合っているのかわからない場合はサプリメントを利用しても良いでしょう。また、ヨーグルトなどは日持ちがせず、費用もかさむことがあります。サプリメントの場合日持ちも比較的長い他、いつでも気軽に摂取することができます。
感染症にかかってしまうのは、免疫力が低下している時です。風邪にかかりやすくなっている時は免疫力が下がっている時であるので、いつもに増して乳酸菌の摂取を意識してみるようにします。