乳酸菌サプリ

花粉症対策に人気の乳酸菌やそれが含まれるサプリの効果

花粉症対策に乳酸菌を、という言葉を聞く機会が増えてきたと思います。この菌と言えば整腸作用のイメージが強い人も多く、一瞬疑問に思うかもしれないこの謳い文句ですが、どういう仕組みで花粉症に効果を発揮しているのでしょうか。
花粉症は、スギやイネなどの花粉が体内に入り込み、異物と認識され、その花粉のみに反応する特異的IgEという抗体が増えることで起こります。この免疫機能には細菌やウィルスなどの異物に対して反応し、細胞性免疫を活性化する「Th1細胞」と、カビやダニ、ほこりや花粉などに反応し体液性免疫を活性化する「Th2細胞」の二種類があり、花粉症に対する免疫は後者の体液性免疫になります。体内の免疫はこの「Th1細胞」「Th2細胞」がバランスを取り合ってコントロールが行われ、アレルギーはこの二つの細胞が同程度はたらいている場合は起こりませんが、「Th2細胞」がよりはたらいている状態になると起こると言われています。乳酸菌はこのうちの「Th1細胞」のはたらきを強め、アレルギー反応を引き起こす「Th2細胞」のはたらきを抑える作用を持っているとされています。また、菌の中にはIgE抗体の生成を抑制するはたらきがあるものもあります。
花粉症対策に人気の乳酸菌やそれが含まれるサプリの効果
それでは、どのような乳酸菌が効果があるのでしょうか。
KW、BB536、L-55、フェリカス菌、L-137、L-92は論文や有効性データが発表され、LG21、1073R-1は学術的な結果は発表されていませんが、体験談として「花粉症が治った」「軽くなった」という声が寄せられています。また、サプリメントには乳酸菌が加熱処理などで死菌の状態で含まれているものが殆どですが、先に述べた中のフェリカス菌は生菌よりも死菌状態で腸まで届けた方が、より免疫力の向上に有効性がある、という研究結果が報告されています。ヨーグルトやサプリを選ぶ時は、含まれる乳酸菌の種類にも注意をしてみるといいでしょう。
しかし注意したいのは、全ての人にこの効果が表れる、という訳ではない、ということです。どの菌が合うかは人によって違いがあり、実際摂取してみないと効果は分からないという難点もあります。また、善玉菌と括られる細菌を摂取することで、腸内フローラとも呼ばれる腸内細菌叢のバランスを整え、体質改善を行い、その結果免疫改善も行われる、といった仕組みであるため、効果はすぐには表れず、長期的に摂取する必要がある点も注意しなければなりません。