乳酸菌

乳酸菌の秘密・動物性と植物性のそれぞれの違い

腸内環境を整えるだけでなく、健康やダイエット効果、そして疾患をおさえるなど、私たちにとって欠かせない存在・乳酸菌。ヤクルト社はシロタ株、明治はブルガリア菌など、現在多くの種類の乳酸菌が見られるのは、企業の研究による結果・発見に伴うライブラリと見て間違いありません。
さて、乳酸菌には大きく分けて動物性のもの、植物性のものの2種類に分別されます。動物性のものは牛・ヤギ・羊などの乳、動物から摂取した菌のことを指します。一方、植物性のものは自然界に存在する植物に、酵母菌や麹菌などで発酵を伴ったときに発生するものであり、主に味噌や納豆、漬け物などに含まれます。
これらの違いを見ていきましょう。まず、植物性乳酸菌は、含まれる食品からも分かる通り、酵母菌・麹菌といった他の菌類と共存することができるため、胃を通過するときに胃酸によって死滅せず、腸まで生きたまま辿り着くことができる強い菌です。さらに、他の植物から得られる「糖(アミラーゼなど)」によって、さらに身体の中で増加するという能力も持っています。穀物や野菜に含まれる糖、果糖・麦芽糖・ブドウ糖など、多くの成分によって増殖します。
乳酸菌の秘密・動物性と植物性のそれぞれの違い
一方、動物性のものは乳製品に含まれ、牛乳やヨーグルト、チーズなど多くの食品が存在するため、手軽に摂取しやすいというメリットがあります。ただ、他の細菌とは共存することができないため、胃酸や胆汁に弱く腸に届く前に死滅してしまうことがほとんどです。
ですが、だからといって動物性を摂取する必要がないのかと言われればそんなことはありません。菌自体が植物性乳酸菌のエサとなり、繁殖を手助けします。また、分解されてしまっても、死滅菌が腸内を刺激して免疫力を高めたり、腸内環境を整える働き(蠕動運動を助ける)もあります。善玉菌であるビフィズス菌の働きを助けて、腸の中の勢力争いに勝利するためには、どちらかだけでなく両方の細菌が必要というわけです。
味噌汁や納豆、すぐき漬けといった植物から豊富に摂取するのはもちろんのこと、牛乳を飲んだり果物と一緒にヨーグルト・ヤクルトなどの乳飲料・乳製品を摂取する、といったように動物・植物性のものをバランスよく摂取する必要があります。善玉菌を多く摂取して、強力になったビフィズス菌によって大腸菌やピロリ菌など悪玉菌の繁殖を抑えることができれば、お腹の調子が良くなるだけでなく、病気知らずの強い身体へと増強が可能なので、ぜひバランスよく摂取して健やかな身体を作りましょう。