プロバイオティクス

プロバイオティクスを含んだ食事やサプリには腸内フローラを良くする効果がある

健康や美容に関心を持つ人たちの間で、プロバイオティクスを含んだ食事やサプリを積極的にとっているという人が多くなっています。プロバイオティクスという言葉には、あまり聞き覚えがないという人がいるかも知れませんが、スーパーマーケットのヨーグルト売り場に行くと、それを含んでいると表記されている商品が見つかるでしょう。それは人間に良い影響を与えてくれる、いわゆる善玉菌のことを指す言葉なのです。また近年ではもっと限定的な使い方をされることが多くなっていて、それによると腸内フローラのバランスを良くすることで人間の体に有益な働きをする微生物とされています。簡単に言えば、それらを上手く体内に取り入れることで、健康を増進させることが出来るということになるでしょう。
私たちの体内には、非常にたくさんの菌が生息しています。特に多いのが腸の中で、そこには種類が400から500以上、そして数にすると約100兆個という、多種多様で膨大な数の腸内細菌が存在するとされているのです。それらの細菌には人間にとって有益な善玉菌もいれば、残念ながら悪い働きをしてしまう悪玉菌もいて、腸内の壁面にびっしりとくっついて生息しています。その状況をお花畑に例えた言葉が腸内フローラで、それがどのようにバランスになっているかによって、健康状態に置きな影響を与えます。
プロバイオティクスを含んだ食事やサプリには腸内フローラを良くする効果がある
腸内フローラのバランスを向上させるのに効果を発揮するのがプロバイオティクスで、その代表的な存在が、多くの人が耳にしたことがあるであろう乳酸菌です。乳酸菌のような善玉菌が多量に含まれている食品としては、やはりヨーグルトが思い浮かびやすいでしょうが、ぬか漬けやキムチなどの漬物類や納豆といった発酵食品には多く含まれています。昔の人は現代の人よりも漬物を始めとした発酵食品を食べる機会が多かったので、それだけ善玉菌が腸内に多く、それによって風邪などの病気になりにくかったと言われています。現在でもそういった昔ながらの食事を取ることにより、健康な体を目指したいという人は少なくありません。
ただ乳酸菌などの善玉菌の中には胃酸や胆汁に弱いものが多いため、生きたまま腸にまで到達させることは、実は簡単ではありません。できれば善玉菌は生きたまま腸に届けたいものなので、胃酸などに強い種類のものが含まれた食品を選ぶ方が良いでしょう。またサプリであればカプセルに守られて、善玉菌が腸内にまで生きたまま届かせられるので、サプリを飲むという方法も効果的です。